• The Aromatherapy Company Japan

【コラム】クリニカルアロマセラピストKeiko×美容家Caoruのスペシャル対談 第14回目




クリニカルセラピストKeiko と美容家Caoruのスペシャル対談が実現。日本だけでなく世界中の国で活躍している二人が本音で語る対談式のコラムです。


毎月1回開催しているインスタライブとクリーンビューティーレッスンでKeikoが伝え続けている本当のオーガニックとは?


▼アーカイブ

【コラム】クリニカルアロマセラピストKeiko × 美容家Caoruのスペシャル対談

  第2回目 第3回目 第4回目 第5回目 第6回目 第7回目 第8回目 第9回目

第10回目 第11回目  第12回 第13回


▼プロフィール


Keiko

クリニカルアロマセラピスト。英国アロマセラピーカンパニーブランドディレクターでトレーニングスクールの学長を務める。卓越した美容技術、知識、ビジネスセンスを持つ。イギリス在住。


Caoru

各界のVIPや大女優をそのゴッドハンドとホスピタリティで虜にしてきた美容のスペシャリスト。美容コンサルティング、企業プロデュース、認定講師など多方面に活躍中。日本ビューティープロフェッショナル協会代表理事を務める。日本在住。


香りの『好き』『きらい』ラベンダー好きですか?-


Caoru:前回も夏の暑さ対策のアロマレメディをお聞きしているのですが、例えばアロマで一番有名なラベンダーの香りは落ち着く香りだから暑い夜によく眠れますか?


Keiko:そうですね、イギリスやフランス、ヨーロッパではラベンダーは当たり前のように家にあります。


洗面台やキッチンでも置いてあるご家庭もあって、何かあると薬よりも先にアロマやハーブを選んでみんな使っています。


Caoruさんの言う通りで日本だとラベンダーは、リラックスの香りだったり、よく眠れるーなんてイメージがありますよね。





Caoru:はい、日本だとそういう風にテレビや雑誌で見たりして使っている人が多いんじゃないかな。

Keikoさん実際はどうなんですか?


Keiko:トリートメント前のカウンセリングで好きな香りや苦手な香りは?って聞いてみると実はラベンダーの香りが苦手、もしくは好きな香りじゃないって言う方もけっこう多いんですよ。


実際にアロマセラピーカンパニーのラベンダーを嗅いでもらうと、全然違う!これなら好き!って言っていただけるんですけどね。(笑)


Caoru:えー不思議!それはどういうことなんですか?



Keiko:面白いですよね。ラベンダーは、みんなが好きっていうイメージとか、わたしたち(セラピスト)が一番よく使う精油だっていうイメージあるのに。


Caoru:そうですよね。イギリスもラベンダーが有名じゃないですか?イギリスの方はみなさんどうなんですか?


Keiko:これも面白い話ですけど、イギリスではラベンダーって昔からあって、前にもお話したようにみんな子供の頃から家の薬箱にあったりする精油なんです。


だから、ラベンダーってなんだか昔っぽい匂いで、なんていうか古いってイメージを感じるっていう人もけっこういて好きと苦手が実は分かれるんです。


Caoru:それもまた意外!昔から嗅いでる香りで、なんだか懐かしい香りっていうのも含めてなんですかね。


Keiko:そうですね、私たち人間は自然なので身体や気持ちが欲しいって思うものがあって、例えば今日ものすごく食べたいものがあったり、今はいらないかなっていう物がありますよね。


香りもまったく同じで、今日その香りが必要だったら心地良く感じるし、いらなかったらあまり感じなかったり、むしろ苦手に思ったりします。





Caoru:そうなんですね、じゃあ夜眠るときにラベンダーが必要ないっていうことも?


Keiko:はい、本当に好きな方はいいんですけど、ラベンダーだけじゃなくてアロマがリラックスに良い、よく寝れるって聞いて実際にやってみたっていう方も多いですよね。


そんな時になんか違うな~って思うんだったら別の香りを選んだっていいんですよ。





Caoru:でも、どんな香りをいつ使ったらいいの?って聞かれることも多いです。難しくなくみんなが効果的に使いたいと思うんですよね。


アロマ(精油)をどんな風に選んだらいいかKeikoさんやアロマセラピーカンパニー流のアドバイスはありますか?


Keiko:そうですね、まず目を閉じて香りを嗅いでみて好き、苦手、そうでもない。このくらいだとわけやすいですね。その3つだけ。


あとは、例えばですけど前回話したミントの面白いところは、スッキリして活発にさせるんですけど、枕元においたらスッキリ眠れた。なんていう人もけっこう多いんですよね。


Caoru:スッキリ眠るって大事かも。


Keiko:あとは、ミントとマンダリンを傍においておいたらよく眠れたとか。



Caoru:ラベンダーだけが全部眠れるっていうわけはないんですね。


Keiko:そうです、ラベンダーは日焼けの後にもいいですから前回(前々回)紹介した体感温度がマイナス4度下がるクーリングジェルに混ぜて塗布するといいです。


Caoru:クーリングジェルは、涼しくて本当にエコだと思う。



Keiko:本当ですね。このままでも使えますけどもちょっとだけラベンダーを入れてあげることでまた違う使い方ができるし、いまの時期は外用に小分けにして持っておくと暑さの対策になりますよ。



Caoru:そうですね、状況に合わせてだけど、まずは好きか苦手かで選んでみるということですね。


Keiko:はい、そして必ず目を閉じて深呼吸してみてくださいね。





 

まだまだ続く本音トーク。

コラム連載は、毎月8のつく日に更新予定です。

次回の掲載を楽しみにおまちください。